「他己紹介・他己分析」とかいう、バカ丸出しな造語

雑記

この「他己(たこ)」という単語(造語)、
本当にどうでもいいことですが、
どこぞのお偉い学者さんや業界のお偉いさん達が
喧々諤々けんけんがくがくして
名付けたのか?(翻訳したのか?)
定かではありませんが、・・・
世の中の、多くのみんなが使っているとしても
自分では使いたくないことばの一つです。

推測でいろいろ言ってみる

このことば、
「自己理解」を深めるのを目的として(?)
新卒や就活生など
社会人の経験が少ない方たちへ
研修というかたちで一部でおこなわれているようです。
(調査不足のため、あくまでも推測です)
まずもって、
この「他己」という単語は
国語辞典(※)には載っていません。

(※2012年版:新明解国語辞典において。)

代案を考えてみる

「他人」と「自己」を短く(省略)したつもりなのでしょうか?
短く省略するなら「他人」の感想を「自分」でまとめる
「他自」のほうが自然です。
もしも、その概念で合っているのあれば、
自他じたと表現すれば済むはずです。
(「自他」は既に国語辞典に載っています。)

自他紹介
自他分析

でいいじゃん。

私は
自他じたともに認める
甘党です。

熟語として考えてみる

他人が他人を分析するなら
どこまで行っても他人分析です。
はたまた、
他人が自分(自己)評価するとした場合に
評価ポイントがズレまくっていたら
「あなたに評価されたとて●●・・・。」という
拍子抜けではないでしょうか?
自分にとって
気持ちの良い評価も
その逆の評価も
しょせんただの
他人評価です。

こう考えると、
他己たこ」という構造は
かなりの高い確率で
成立しません。

あるいは、
「他人」と「自己」を統合したつもりなのでしょうか?
赤の●●他人」と「自己」は統合できません。

軽くけなしてみる

なぜ
タコ(他己)と造語したのでしょう?

凧あげ
たこ焼き

私には寅さんにでてくる
タコ社長しか思い浮かびません。

分析手法について考える

これからいろいろチャレンジする若者に、
他人の目なんか気にすんなよ。
余裕ありすぎなんだよ。
という評価を
私なんかは、してしまいます。

他人に聞いて
他人の目がふしあなだったら
人生台無しでしょうね。

人生そんなに長くねえんだぞ。
私の場合は、
自分でチャレンジしてみる前に、
他人の評価を聞くなんて
何か変に感じますし、
自分よりも他人を気にして、

社会に適合したいと
思いません。

人からどう思われるかよりも、
自分が何をやりたいか、何をやったかしか
自分の中に残らないとしたら?」と
考えて見てほしいですね。

だいたいにして、
他人の良いところを
見つける力
って
誰にでも備わっている能力じゃないからね。
なにか勘違いしておられる人が多いよね。

変な大人に騙されないように・・・。
(若い時に騙された場合は、
年を重ねてから騙されるよりも
「良い社会勉強」として、
取り返しが効くという点で
まだましです。)

同じアドバイスでも
誰に言われるか
受け取り方が大きく違う経験を
している方は多いと思います。

つまりこの現象は、
自分を分析する相手を
無意識かもしれませんが、
選んでいます。

他人の分析なんて
かなりの年月を一緒に過ごしてきて
いくつかの事象の中から
やっと、ひとつぐらい
説明できるもの
かなと
思うねえ。

私のような
凡人に
できることは
その人(他人)への
感謝だけ
なの

分析手法そのものまでは
否定しないけど、
ヒアリングする相手を自分で
厳選してください

結論「どうでもいい」

深く調査もせず、
ここまで書いてしまって、
もう取り返しがつかないが、
よくよく調査してみると
「バカ丸出し」は、私である可能性もあります。
理由としての情報が
後からつけ加えられることもあるからです。

また、ここまでの思索の過程を
傍から冷静に見れば
まるで、ヒット曲の歌詞に
「いちゃもん」をつけるお客さんのようなものです。

たとえば、大好きな歌の歌詞でも、
韻を踏む都合上や
リズム上の不具合などを
解消するため、
(厳密に言うと、)意味不明な表現は
よく見受けられます。

皆さんも、歌詞に関しては、
あえて目くじらを立てるようなことはしません。
それよりも、曲の良いところに目を向けるわけです。

歌詞だからねぇ。
あまり、こだわっていると、
周りから「心が狭い人間」とみなされて
しまいます。

だいたいにして、
自分自身を知ることなど
永遠に出来ないとしたら?

自分自身を知らないことが
行動の源泉だとしたら?
そういう「考え方」から
人間的魅力は生まれる気がしています。

人間という生物は
未完成なもの。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました