ブラックモンブラン(ラクトアイス)実食・栗をイメージする私は既成概念で汚染されているのだ!

雑記

躊躇していたが、やはり、無視できないアイスクリームである。

◆種類別:ラクトアイス
◆無脂乳固形分6.0%
◆乳脂肪分2.5%
◆植物性脂肪分4.4%
◆原材料名:クッキー(国内製造)、チョコレートコーチング、糖類(砂糖、異性化液糖、水飴)、乳製品、いちごソース、いちごピューレ、植物油脂、ピーナッツ、食塩/香料、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、膨張剤、酸味料、増粘剤(加工でん粉)、(一部に乳成分・卵・小麦・落花生・大豆を含む)
◆内容量:95ml
◆製造者:竹下製菓株式会社
栄養成分表示(1本95mlあたり)
熱量 210kcal
たんぱく質2.4g 脂質12.1g 炭水化物22.7g 食塩相当量0.14g(推定値)


ブラックモンブラン(あまおう苺)
あまおう果汁・果肉12%
福岡県産あまおう苺の甘酸っぱさと、
アイス・クランチ・チョコレートが
絶妙にマッチした、
ちょっぴり贅沢な
ブラックモンブランです。

パッケージの文言

躊躇のワケ:ネーミングセンスについて

ネーミングについて、
一言触れなくてはならないでしょう。

苺でいいのである。
栗でなければいけないと誰が言ったのか?
モンブランはアルプス山脈の単なる山の名前である。
フランス語で「白い山」を意味する。

「ブラックモンブラン」全然間違っていない。
栗のクリームをのせたケーキのこともモンブランというし、
もちろん、モンブランというケーキがあるのはご存知だとは思うけど、
彼(命名者)にとっては、
それは、それ。
これは、これなのである。

つい、これを、連想してしまう私が、
ケーキ屋さん情報に汚染されているのです。
本来モンブランに栗の意味は無いです。



「栗なんて使っていませんけど、何か?」
という、威風堂々たる潔さ。
潔白である。
いいぞ、竹下製菓さん。

「白い山」を熟知しているがゆえに、
ワザワザ、頭に

ブラック(ブラックチョコレートのイメージかな?)
とつけているのである。
私が思うに、
ことば遊び(純粋な変換(※))の一種です
食べてみれば、「白い山」が見えるはずである。

重箱の隅をつつくように
どうでもよいことを、
くどくどと説明をして
竹下製菓の
地元である
佐賀県民を
敵に回したくないのです。

※純粋な変換(例)

北海道のおいしいクッキーと言えば、・・・
「白い恋人」
  ↓
「黒いともだち」
  ↓
「赤の他人」

うーん。
ダークなイメージへ
変換完了しました。

ブラックモンブラン
「白い山」
(チョコ+白いアイス
ブラック+白い山
では、実食。

感想

これ、嫌いな男の子はいないでしょう。
旨さゆえ、味わって食べることが出来ないのです。
だから、桃色の苺の粒子が入っているのに気づく人は
マレではないかと思うのです。
食べたら、自転車に乗りたくなるパワーを与えてくれます。


裏面に「※バーをくわえて遊ぶと危険ですので、ご注意ください。」の
注意書きが記載されていますが、
いや、この注意書き本当に必要です。
以前書いた「舞茸は悪くない」を思い出します。
価格:98円(税込み106円)
(イオングループのスーパー「まいばすけっと」で購入)

アイスの種類

ここまで、いくつか試食をしてきましたが、
いわゆるアイスには種類別があるんですね。
こんなかんじです。

TOKYO GAS ウチコトより引用

詳しくは、こちらで(東京ガス ウチコト:何が違うアイスクリームの種類・・)
今回も脱線してしまいました。
皆さま、良い週末を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました